からすちゃんのひとりごと

からすのほんやの毎日を、ちょこっと紹介しちゃうブログです

日本のおはなし

福岡県飯塚市にある、子どもの本とおもちゃの店「からすのほんや」の店主、からすちゃんのひとりごとです!コメントお待ちしてます!

うれしいニュース☆


学生時代。

お世話になった村中李衣先生の、新刊が1月に出るそうな。

今年、日本児童文学者協会賞を受賞され、

お祝いも申し上げておりません、フトドキな元ゼミ生のからすちゃんです。



こうして先生のお名前を目にすると

なぜかうれしい気持ちになります。


お元気にしていらっしゃるのだろうなぁ…ってね。




先生の前では、

心に服が着せられない、

はだかんぼうの自分になる、いえ、

ならざるを得ないような

そんな授業で、


この歳で、もう一度あの授業を受けたら、

どんなだろうか、と


また受けたい授業の、ひとつです。

先生。



そう言えば、大阪出張の帰りの新幹線の指定席が




偶然にも





お隣だったという




ご縁を感じる出来事も




10年くらい前にありました。





会いたいなぁ。





今回は、たまちゃんが主役!

『はれぶた』のシリーズ。

記念すべき10巻目!

今回は…

978-4-265-82040-5










『はれ たまたま こぶた』
矢玉四郎 作
(岩崎書店)



もう、相変わらず、楽しい作品です。

「ふふふ…。」と笑ってしまいます。


癒されるなぁ〜。


子どもと一緒に「ふふふ…」ってしたいです。



矢玉さんのお人柄なのでしょうか…きっとそうです!



この冬、「おふろぶた」と「はみがきぶた」が

我が家にいてくれたら

クリスマスの大忙しの時

すごく助かっちゃうんだけどなぁ〜。



探したら、見つかりそうな気がする!

みんなも、本を読んで、お家の中を探してみてね。



らくがきはけさないで

時々、「こんな本探してるの。」って聞かれます。

今日のご本の題名は、お客様曰く

「おしいれのらくがき」


う〜ん?聞いたことないな〜。


お話の内容は?と伺うと…

「おしいれにおばあさんがいて、壁にリンゴの絵を描くと、本物のリンゴが出てきて…。その絵本を読むと、ジャムが食べたくなるんですぅ!」

とおっしゃいます。


う〜ん。もしかして…でも題名が違うけどなぁ〜。

41n8DF3c2JL__SL500_AA300_


『角野栄子のちいさなどうわたち2』
角野栄子 作 長崎訓子 絵
(ポプラ社)

にのってる、「らくがきはけさないで」では?



「そうだったかも〜!!」とお喜びいただいて何より。



あたってるといいな〜。





理論社


大好きな出版社、理論社が民事再生法適用申請の申し立てをしたそうです。

からすちゃんが子どもの頃に読んだ「北極のムーシカミーシカ」「チョコレート戦争」「兎の眼」「太陽の子」はじめ、最近は「カラフル」なんかで子どもたちの好きな本もたくさんあるんだけどな〜。

特に、結婚する知人、友人にプレゼントしていた「でんでんむしのハガキ」をはじめ、まどみちおさんの作品もたくさんあるのにな〜。

理論社のOさんにも、お世話になっていて心配です。


本を手渡す役目のある私も、気を引きしめて、もっともっとがんばらんといけんな〜と思いました。




livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ