からすちゃんのひとりごと

からすのほんやの毎日を、ちょこっと紹介しちゃうブログです

福岡県飯塚市にある、子どもの本とおもちゃの店「からすのほんや」の店主、からすちゃんのひとりごとです!コメントお待ちしてます!

ささやかですが…

熊本地震の被害に遭われたみなさま。
日々伝わってくる情報に、なんと書いたらいいのか言葉がうまくみつかりません。

平穏だった日常が、こんなにも遠いものになってしまった現実。
それを前に、みなさんがどれだけの不安や、苦しみ、悲しみを抱えていらっしゃるか…。

報道を目にするたびに、胸が苦しくなります。



何もできない自分だけど、
ちょっとずつ、そして息長く何か取り組めることはないかな…と考えていましたら

岩手のみんなから、
「からすちゃん、何かに使ってね!」ってたくさんのお気持ちをいただきました。
みんな、何に使ってもいいから、被災地の皆さんの役に立ててほしいと。

「からすちゃん、何かやってよ!」っておしり叩かれました。


じっくり、ゆっくり、誰でも取り組める何かを…。


で、考えたのが「ラッピング募金」です。
お店でプレゼントの包装はいつも無料だったんですが、
5月20日から、1包装につき100円を募金していただくようにしようと思います。

誰かに贈り物する。
その時に、
離れた場所の誰かの
平穏な毎日を願う。


からすに来てくれるみんなは、きっとそんな気持ちになってくれる方だと思うから。


image





このカード、メッセージカードとしてお付けいたします。
贈り物と、募金してくださった方に、1枚ずつ。

包装は、ちょっと時間がかかりますので、お待ちいただくこともあるかもしれませんが、良かったら、ご参加くださいませ。

いただいた募金は100%の寄付割合です。
それから、ご寄付は子どもやその周りにいる大人の方の心と体のケアのために
被災地へ行かれる方の応援に使わせていただきます。

As you will regain a peaceful every day!


15歳になりました


からすのほんや、今日15歳のお誕生日です。

15年かぁ。
いろいろあって、大変だったはずだけど
今となっては、楽しい15年だったように思います。

2001年。21世紀になったんだからここから
30年お店を続けてみようと、親の心配をほったらかしにして
20代で始めたお店。

たくさんの人に出会って、
いろんな人に助けられて、ここまでたどり着きました。


入院したりして、続けていこうか迷った時期もあったなぁ。


寝ないでラッピングした、クリスマスもありました。(笑)


引っ越しも、お店の工事も、専門業者さん張りにがんばったしね。



こうして、続けてこられたのは
決して自分の力だけではないと


かかわってくださった皆さんに
心の底から、大きな声で「ありがとう。」って言いたいです。




人間なら中学3年生。
高校受験のある年。
人生最初の、自分が選ぶ分岐点に立つ頃。



今の私も、そうかもしれない。


私にしかできないことがあると、
自分の生まれてきた意味が、どこかにあるはずだと
それをずっと、探してきたように思う。


最近、その『意味』は

「たくさんの人」に対してではなく

「目の前にいるたった一人の人」との間に見えてくるもののように感じている。



さぁ、今日から折り返し。

お店を始めたあの頃より、心も体も丸くなった私が
あと15年、どんなふうにゴールにたどり着くのか
みなさまどうか、心優しく見守っていてくださいませ。


さぁ!今日からまた、新しい気持ちで出発です。





これまでお世話になった皆様に
「ありがとう」の気持ちいっぱいに…

からすのほんや 芳野のり子




ちぃ〜まぁ〜きぃ〜たべたぁ〜べ


今日のおやつ。

image

春のいっちゃん


地震の後、気の小さい我が家の愛犬を心配してくださる方も、たくさんいらっしゃいました。
ありがとうございます。

地震以降、昼間に家の中にいるのが嫌なようで、
網戸を開けて(引き戸ですが…)逃走をはかること2回。

あきらめて、昼間はお外で過ごすようにしています。

image









今日のいっちゃんです。



春は、うろうろしました。

image











image










いっちゃんは、来月から私といっしょにお仕事をします。

どんなお仕事かは、またいつか。



久しぶりに


久しぶりに、書きます。

まず、地震の被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

私の知ってるいくつかの施設や、団体、個人の方々。ひとまず命は助かったけれど、車で寝ていたり、壊れた建物の中で寝ていらしたり、中にはおじいちゃんおばあちゃんたちもいて、避難場所まで行けないと聞いて、とても心配しています。もうこれ以上被害が広がらないよう、祈るばかりです。

そして、行きますからね。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ