からすちゃんのひとりごと

からすのほんやの毎日を、ちょこっと紹介しちゃうブログです

福岡県飯塚市にある、子どもの本とおもちゃの店「からすのほんや」の店主、からすちゃんのひとりごとです!コメントお待ちしてます!

いよいよ明日です!

====================
   *ヤマネコ原画 九州の旅
 山福朱実『ヤマネコ毛布』絵本原画展
    飯塚・みんなのおうち
====================
     6/13(月)13:00〜14:30
        トーク&ライブ
  
 
   出 演:山福朱実(Vo.)×末森樹(Gt.)
   参加費:1000円(会員様無料)
会 場:フリースクール みんなのおうち 
    820-0705 福岡県飯塚市筑穂元吉474
    Tel.0948-43-4560(要事前予約)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


6月1日から開催する

image











『ヤマネコ毛布』絵本原画展については、前回お知らせしましたが…


関連企画として、
作家の山福朱実さんとギタリストの末森樹さんをお迎えして
トーク&ライブを開催いたしますっ!!

大興奮です!!

しかも!会員様は、参加費無料です!



====================
   *ヤマネコ原画 九州の旅
 山福朱実『ヤマネコ毛布』絵本原画展
    飯塚・みんなのおうち
====================
  *6/13(月)13:00〜14:30 トーク&ライブ
   出 演:山福朱実(Vo.)×末森樹(Gt.)
   参加費:1000円(会員様無料)
会 場:フリースクール みんなのおうち 
    820-0705 福岡県飯塚市筑穂元吉474
    Tel.0948-43-4560
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

良かったら、いらしてくださいませ。

あまり広いところではないので、ご予約をお願いしております。お電話くださいませ。
(金・日はお休みです。)





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「会員ってどうやったらなれるの?」とのご質問にお答えいたします。

『みんなのおうち』には「おたすけ会員」というのがありまして、
「みんなのおうちの子どもたちをを応援しちゃうよ!」という方の会員制度です。
通信をお送りしたり、子どもたちの学習発表会にご参加いただけたりします。

1口1,000円から、ご入会いただけます。

当日のお申し込みもできます。申込書を1枚書いていただくだけです。
この機会に、ぜひご登録くださいませ。





ぐるぐる


今日の授業。

みんな一生懸命すぎて、しーんとしていました。

みんなかわいいなぁ。

image

おとなのみなさ〜ん



子どもたちに言われて、「へぇ〜。」と思うことが時々ある。


中でも、多いのが、「おばちゃん、ごめんってあやまるよね。」って言葉。
最初は、変なこと言うなぁ…と思ってたんですが、最近その意味を痛感しています。





私は、子どもたちの周りの大人と、かかわりを持つことが多いんですが

例えば、調整したり、お願いしたり、ご迷惑をおかけすることも多いわけです。
申し訳ないなと思いながらも、子どもたちにとってのベストを探る。

自分たちの努力なしに、言っているわけではないんですよ。
「ここまでやったけど、ここからはお願いします。」ってことや、
もらわなきゃいけない書類とか、私でははどうしようもないこともあるんです。

決して、無理をお願いしているつもりではない。

「お互いの責任を果たしませんか?」と提案しているだけのこと。




だけど相手は、言い訳したり、嘘ついたり、挙句「そちらの間違いでは?」的な責められ方をすることもしばしば。

大人だって、間違ったり、失敗したり、忘れてたり、遅れたりするもんだと思う。だから、率直に「ごめんね。」って言われれば、「大丈夫ですよ。」としか言わないのに…。

この間なんか、すぐにばれる嘘をつかれて、突っ込む気にもなれなかった。



子どもには「言い訳なんかするな!」「嘘はつくな!」「人のせいにするな!」「ちゃんと謝りなさい!」って言っている大人が、まるで反対のことをしている。



いつからか、大人の社会では「謝ったら負け。」みたいな風潮ができちゃったように思う。
素直に謝ったほうが、いっそ気持ちのいい付き合い方ができるのになぁ。



子どもたちは、自分の周りにいる大人を、本当によく見ている。
そして、その理不尽に辟易しているんじゃないかな?って思った。


よく考えたら、そうだね。
私も、そんな理不尽に納得できない子どもだった。そんな大人に出会うと、社会ってそんなつまらないところなのかな?そんな大人が、ウジャウジャいるんじゃないかなって、不安にもなった。




せめて、私は子どもたちにそんな思いをさせないように、まっすぐ、まっすぐ、子どもたちと正直に向き合っていきたい。


image









今週、嘘ついちゃったあなた。
「ごめんね。」って言ってみてください。
子どもは優しいです。許してくれます。

私も、「ごめんね。」って言われたら、「いいよ。」って許しますよ。




まぁ、「謝って。」って強要しているわけではないので…。あしからず。(笑)





出産に遭遇


お隣のおばちゃんに朝から「きてきて!」と呼ばれて行ってみると、な、なんと!

image



亀が卵を産んでいます!

image


近くにもう1匹!


多分ミドリガメだと思うけど。正式には何て言うんだろう?ミシシッピアカミミガメやったっけ?

カメの出産ラッシュらしい。


思わず、がんばれ〜♪って、応援してしまいました。


節目


フリースクールをはじめて、1年。
節目にと企画した、絵本原画展。


久しぶりにお会いする方。
初めてお会いする方。

たくさんの方にご来場いただき、本当にありがたいです。

image









父がいつも、「節目のご挨拶は大切だ。」と申しておりました。
しかしながら、そんなに素直じゃないわたしですから

「そうは言ってもねぇ…いつも会っている方だし、改めてってなんか照れくさいんだよなぁ…。」と思っておりましたが、今回はその言葉の重さを、強く感じているここ2日です。



原画展の会場でお会いしたり、お知らせに伺ってお話したりしていると

みなさんが、こんなにも応援してくれているということに
子どもたちの成長に、一緒に涙してくださることに

気づかされ、みなさんの子どもたちへの思いを、たくさんいただきました。


スタッフだけが、子どもたちの傍にいるわけではなく
こんなにもたくさんの方の手助けがあることに、
ありがたい気持ちと、心強さをもって、また一年歩き始められる。


それが父の言う「節目」なんじゃないかなぁ?と
今更ながら、気づかされました。


image










絵本原画展は、13日午後の「トーク&ライブ」以外は
どなたでもお越しいただけます。
ぜひ、のぞいてみてください。
子どもたちと一緒に、お待ちしています。





livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ